Retwpay(買う)の使い方

Retwpay(買う)はTwitterでの「RT/宣伝ツイートをしてほしい人」と「RT/宣伝ツイートをしてあげる人」をマッチングするサービスです。RT依頼にはツイッターを使用し、RTしてくれたことに対する報酬の支払いは電子マネーの個人間決済を使います。

目次

RTの買い方 - RTしてもらい報酬を支払う方が行うこと

Step1.画面の説明 - リストのユーザーの属性を見て、どのユーザーにRT/宣伝ツイートしてもらうか決めます

  1. ユーザー名 - Retwpay内でのユーザー名です。ツイッターのユーザー名とは別です
  2. RT only - RT依頼のみ依頼できる場合は"yes"と表示されます
  3. フォロワー当たりの単価 - 「単価 x フォロワー数」があなたが支払う報酬額になります
  4. フォロワー数 - ユーザーが申告したフォロワー数です
  5. 利用可能なペイメント - LINE pay、PayPay、Kyash、Pring、アマゾンギフト券が表示されます
  6. TwitterのTLが開きます - 捨てアカウントではないか、フォロワー数の確認に使用します
  7. DM画面が開きます - メンション以外にもDMで連絡することも可能です
  8. フォームにメンションを追加する - 次で説明するフォームにメンションを追加します

Step2.テンプレートフォームの使い方

リストの"Add to form"ボタンをクリックしてテンプレートフォームにメンションを追加します
  • 返信はDMでください - フォームに文言が追加されます
  • コピーする - クリップボードにフォームの内容がコピーされます
  • Twitterをひらく - ツイッターを開きます

Step3.フォームの内容をコピーしてツイートすることでリストのユーザーに連絡します

メンション付きでツイートしているためユーザーに通知が送信されます。ここからはツイッター内のスレッドかDMで交渉を行いRTしてほしいことの伝達や報酬の支払いを行います

実際の取引イメージです

プロフィールの作成方法 - RTをして報酬を受け取りたい方が行うこと

プロフィールを作成することでリストされます。これによりRT/宣伝をしてほしいユーザーからの連絡を待つことができます。すべての項目は必須ではありません

  1. 公開ユーザー名 - Retwpay内のユーザー名です。Twitterのユーザー名とは別です
  2. 拡散依頼 - "はい"を選択するとRetwpay(買う)画面に「RTを売りたいユーザー」としてリストされます
  3. SNS twitter - 自分のツイッターアカウントのURLを入力します
  4. Twitter DM - DMを受け取りたい場合Twitter IDを入力します。Twitter IDは数字です。ツイッターで"すべてのユーザーからメッセージを受信する"設定をしておく必要があります
  5. 利用可能なペイメント - 報酬の受け取りが可能な電子マネーを選択します
  6. フォロワー単価 - 自分のフォロワー1人当たりの単価です
  7. フォロワー数 - 自分のフォロワー数を申告します。「単価 x フォロワー数」が希望報酬額の目安となります
  8. RT依頼のみを受け付ける - RT依頼のみを請け負うか、それ以外の拡散方法(コメント付きRTなど)も請け負うかを選択します

RT/宣伝内容と報酬の相談はTwitterでおこなってください

Retwpay(買う)にはユーザー間でメッセージを送受信する機能はありません。そのため、RT/宣伝してほしい事の伝達や、RTした人への報酬額や報酬の受け渡し方法の相談はTwitter上で行ってください。

RT/送金について

お互いのツイッターアカウントを確認して信頼の上でRT/送金することを想定しています。ですが電子マネーの送金キャンセルはできない場合があるため、RT→送金の順番を推奨します。これはツイ消しやRT取り消しのほうが簡単にできるためです。また、送金直後のツイ消しRT取り消しを防ぐため、拡散後〇〇分経ってからの送金という約束をすると良いでしょう。

参考リンク 個人間送金の方法